組織ぎらいと社会不適合

   


またまた久々の更新、ともうつですorz

組織に馴染めず勤めていた会社を退社。そのあといろいろあって自営の仕事をしている現在ですが、人間関係がなくなるわけでもなく、同業者間のつながりから以前の会社勤めのときのような人間関係に苦しんでいます。

私の気質からでしょうか。とにかく私はまわりから「マジメ」と言われることが多いです。どちらかというとディスるような皮肉のニュアンスで言われます。たぶん理屈っぽくて融通がきかず、あまり協調性がないので揶揄されてるんだと思います。

「マジメ(あえてカタカナで)」と「生真面目」はニュアンスが違うのかもですね。。

そう、確かに私は融通がきかず、必ずしも周りと足並みを揃えるとは限りません。自分が納得できないことをやらされることに、とてつもない嫌悪感を感じ、プレッシャーを感じてしまいます。

どうして納得できないのに、この国では同調圧力がここまで強いのか。個人主義というより集団主義のお国柄ということも手伝ってると思いますが、こんな性格の私にとっては息苦しく、よく「うつ」のスイッチが入ってしまいます。

思いつめる性格でもあるので、気分をコントロールできず、つらいことがあると数日は引きずっていたりします。胸痛をおぼえ、呼吸が苦しくなることが多いです。


スポンサーリンク


ところで、「組織」ってなんなんでしょう。

正直いって、私は「組織」がきらいです。

でも否定はしません。世の中ありとあらゆるものが組織であって、組織なしでは社会は成り立たないのも事実です。

組織のなかでいろいろ癖のある人達にまみれて人として成長していく、それもわかります。ご尤もです。

でも、それができないんです。組織のなかでの自分の立ち位置や振る舞い方が全く見えてきません。昔からそうでした。学生時代から、私は決まって浮いていました。

組織の良い面を知っていても、結局嫌な思い出しかないんです。それはどんな組織でもそうでした。ほぼ例外なくです。自分の居場所がありませんでした。

だから、「組織」というものを過度に避けてきました。組織に馴染むことを何度も試みた結果、満身創痍になってしまいました。

自分と話したって退屈だろうしつまらないし、と卑屈になっています。ただそのことで相手に不快感を与えたくないのでカラ元気を出します。でも、本当はテンションが低いのに、無理にテンションをあげて話すのでむしろ逆効果?違和感があるのかもしれません。話ていて、自分でも不自然さを感じます。

私はアスペルガー・ADHD傾向が精神科医から指摘されていますが、その特徴が対人関係で出てしまうのか、それとも性格か、いまだに不明です。


スポンサーリンク


もう、自分は「社会不適合者」なのではないか、と思いつめてしまいます。

そのうえで、「組織を離れて一人で生きてはいけない」なんて正論を見聞きすると、谷に突き落とされたような気持ちになります。

障害年金を受給しているとはいえ、いつ打ち切りになるか分かりません。不安で押しつぶされそうです。

 

 - うつ病(大うつ病), 周囲の理解・サポート