医師に障害年金の診断書(精神の障害用)を書いてもらうには

      2016/06/12

こんにちは、ともうつです。

今日は、障害年金の申請に必須な重要書類、診断書について書いてみたいと思います。

障害年金の診断書は、障害の種類ごとに複数種類あるのですが、うつ病などの場合は「精神の障害用」という診断書を使います。

診断書自体は市区町村役場の福祉課や年金事務所でも受け取ることができますが、日本年金機構のHPからもダウンロード可です。

ダウンロードはこちら

スポンサーリンク

診断書のフォーマットはPDFとエクセルの2種類がありますが、医師に手書きで書いてもらうのであればPDFをプリントアウト(A3印刷)して渡すと良いと思います。

いちおう、カラー印刷で、2ページある診断書は1枚に裏表印刷しましょう。本来の紙フォーマットがそうなってるので・・・。

最近は、障害年金の診断書を書くのも慣れていらっしゃる精神科医の先生も多いようで、パソコンでエクセルフォーマットの診断書に打ち込んでいく場合もあります。
ちなみに管理人自身の診断書は手書きでしたが、先生の字が達筆すぎて読めませんでしたorz

いずれにせよ、先生がエクセルフォーマットを使わないのであれば、市役所やネットで入手した診断書を渡すようにしましょう。

さきほどの日本年金機構のURLには、「記入上の注意」や「記載要領」がありますので、それも一緒に渡すといいと思います。

もっと詳しい記載要領(こちら)もありますが、17ページもあるので、忙しい医師が読んでくれるかは不明です。
ただ、不明箇所について拾い読みしてくれるかもしれないので、渡しておいたほうがいいかもです。

スポンサーリンク

また、参考資料として、管理人の場合は次のような参考資料も添付で担当医に渡しておきました

  • 受診状況等証明書のコピー
  • 病歴状況申立書(病歴・就労状況等申立書)のコピー 未完成でもOK
  • 診断書のコピー(参考として分かる範囲で自ら記入)
  • あれば、精神障害者保健福祉手帳の写し

2つめの病歴状況申立書(障害厚生年金の場合は、病歴・就労状況等申立書)ですが、未完成でもいいので、出来る限り発病以降の病態や生活の状況を詳細に記載しておくのが良いです。

医師も多くの患者さんを見ていますので、短時間診療で、普段の日常生活、ましてや過去のことまで詳細に把握していることはまれなので、病歴状況申立書のコピーを渡して、診断書の「日常生活能力の判定」欄や「日常生活能力の程度」欄を書いてもらう際の参考にしてもらいましょう。

3つめの診断書コピーですが、診断書には、氏名、住所、生年月日、年齢、発病時の職業、教育歴・職歴、過去にかかった医療機関名とその期間などなど、患者本人がわかる項目や、こちらから医師に伝えないといけない項目も含まれています。

ですので、診断書をコピーして、分かる範囲で赤字などで予め記載し担当医に渡しておけば、診断書作成がスムーズに進むと思います。
ここで手間取って障害年金の申請自体が遅れてしまうのは悲しいですね・・・。

診断書の「日常生活能力の判定」欄や「日常生活能力の程度」欄についても、患者本人の実感として該当するものにチェックをしておいたほうがいいです
さらにそれぞれの項目に参考になる一文などを添えておけば、医師も見てくれると思います。

 

管理人の場合も嫁さんの場合も、ほぼこちらでチェックした通りの内容で診断書を書いてもらえました。

上記で申告する内容は、もちろん虚偽はいけませんが、できうる限り医師に伝わるように適切な範囲内で状況を強く訴える内容にしましょう。

 

診断書を受け取る際の注意点などについては、別記事に書きたいと思います。

スポンサーリンク


ブログトップ
障害年金記事まとめ

にほんブログ村


記事が参考になれば、ぜひ1票お願い致します^^;

 - 社会保障, 障害年金 , , , , , , , , , , , , , , , ,