管理人の来し方4 ブラック企業にて

      2016/06/12

前記事からの続きです。

管理人は3社目にコンサル系の小規模な会社に転職したのですが、ここは典型的なブラック企業で、社長によるパワハラのほか、理不尽な残業代もみ消し、明らかに能力を超えた業務の強制、精神的攻撃などが横行してました。

従業員は10人ほどなのに、2,3カ月に1人はドロップアウトするような入れ替わりの激しい会社で、僕の入社面接の際に面接官をされた方2人のうち1人は僕の入社前、もう1人は入社して3ヶ月後には精神的・身体的に限界にきたようで退職されました。

メンタルの病気で退職される方も多く、僕の入社前に退職された上記の方や、僕の直属の上司の前任の方も「うつ」だったようです。

特にこの会社では社長によるパワハラが顕著で、社員に対して「アホバカマヌケ」発言するだけでなく、本人のいないところですが「しね」とも毒づいてました。

社員に対する社内メールでも、ちゃんと結果を出さないと損害賠償すると、わざわざ赤のドでかいフォントで脅してくる始末。

メールにさえ、「アホバカマヌケ」という文字が踊ります。

これじゃあ頻繁に社員が去っていくのも当然です。

スポンサーリンク

僕の場合、海外出張の際に、業務とは全く関係ない社長の大きくて重い私物を持ち帰らせられたり、過労で倒れて40度超の熱を出しても自宅で仕事をしたり、とてもじゃないですがそうしないと追いつきませんでした。

はじめのうちこそ、自分の能力不足だと言い聞かせて頑張ってましたが、次第におかしいなと気づきだしました。
その頃には思考力も記憶力も落ちて、普段どおりの仕事ができなくなっていました。

そしてある日、自分の中で何か糸がプツンと切れ、ついに出社拒否。はじめて心療内科にかかると、「うつ状態」と診断されました。

スポンサーリンク

その後、診断書を会社に提出(もみ消されないように内容証明郵便)しましたが、それでも社長からの嫌がらせは止まらず、いきなり会社に呼び出しを食らうことも。

自分の会社の社員を基本的に信用せず、「損害賠償」という言葉で常に社員を牽制しつつ、完全に敵対モードで社員から訴えられて不利にならないよう準備周到な頭の切れる社長。

呼び出しされた日も、ちゃんと会話をICレコーダーで録音してました。
そのうえ、「実態がないから」という意味不明な理由のもと残業代をもみ消され(これまで通り決まった社内フォーマットで記録していたが・・・)、これまた意味不明な誓約書にサインを強要されました(すべて会社に都合のいいこと)。

 

こうして、入社から半年もせずに退職することになったのでしたorz。

 

続く

スポンサーリンク


ブログトップ
障害年金記事まとめ

にほんブログ村


記事が参考になれば、ぜひ1票お願い致します^^;

 - ともうつ夫婦, ハラスメント, ブラック企業 , , , , , , , , , , , , , , , , , ,