休職中の小遣い稼ぎ(収入確保)

      2016/06/12

ここ2ヶ月ほど休職してまして、今月6月頭から復職してます、ともうつです。

復職と言っても派遣なので、今はまだ就業はしていません。派遣先が決まり次第、また社会の荒波に揉まれるのでしょう(笑)

それはさて置き、この2ヶ月間に得た小遣い程度の「収入」について書いてみたいと思います。

会社の健康保険加入中の体調悪化なので、普通は傷病手当金がでます。が、僕は以前傷病手当金をもらっていた期間があり、それから継続して通院もしているので、傷病手当金がもらえることは残念ながらないと思われます(汗)

ダメ元で申請だけはしておいたのですが、奇跡が起こって受給できても、今受けている障害年金と併給調整されちゃいますね。ないよかいいですが・・・。

スポンサーリンク

さて本題ですが、この2ヶ月間全く収入がないのは精神衛生上耐えられそうになかったため、何か小遣い稼ぎはできないかといろいろ探してみました。

もちろんバイトじゃないです(笑)まだ会社に籍のある休職中の身なので、バレたら終わりです。

心療内科の担当医の先生からは就労を禁止されているので、収入を得るとは言っても、自宅で気が向いたときにできる小遣い稼ぎ程度のものです。具体的にはこんなのに挑戦しました。

  • Amazonマーケットプレイス
  • クラウドソーシング
  • ちょびリッチ
  • アフィリエイト

ひとつ目の「Amazonマーケットプレイス」は、Amazonのサイトを通じて自分の持っている書籍などを販売できるサービスですが、ここで13冊売って25,000円ほど稼ぎました。

売ったのは基本的に今後使うことのない不要な本です。

 

クラウドソーシングは、「ランサーズ」や「クラウドワークス」が有名ですが、こういったサイトを通じて個人で仕事を請け負って報酬を得る仕組みです。

もともとアウトソーシングは特定の業者に仕事を発注するものですが、ネットの普及で不特定多数の個人や組織に仕事を発注できるようになりました。

僕も上の2つのサービスに登録し、報酬の振込先口座を登録して、Amazonの商品ページを作成してサイトにアップする仕事を始めてみました。

クラウドソーシングは正直やってみるまでは難しいイメージがあったのですが、いざやってみると登録も数分で、仕事の受注も早かったです。

ただ、たまたま受注した仕事が特にスキルが必要ない(強いて言えば最低限のPCスキル)ものだったので、それ以外の仕事を受注するとなると、それなりにスキル・経験が必要かもしれません。

今回、この仕事で24,000円ほどをゲットしました。時給換算で800円ほどでしょうか。

仕事を発注して下さった方が良心的な方だったので、大きなトラブルもなく無事にプロジェクト完了となりました。

↓ランサーズ 
クラウドソーシング「ランサーズ」

 

そして3つ目に「ちょびリッチ」と書きましたが、こちらはクレジットカード加入やネット証券口座開設、商品のモニタリングやアンケートなどで小遣い稼ぎができるサービスです。

↓こちら

僕はこのサイトで4つのクレジットカードに加入しました。それで締めて36,000円になりました。

ネット証券口座開設はどことなく胡散臭い感じがしたのでパス。

クレジットカードは、無職の場合に新規加入するのが難しいので、先を見越して多めに作っておきました。

楽天銀行だと手数料が無料なので、先に楽天銀行の口座を作ってからポイント交換しました。

現金のほか、Amazonギフト券やTポイントなどにも交換可能です。詳細はこちら

スポンサーリンク

最後のアフィリエイトですが、これがまさにこちらのブログです。

御覧頂いている通り、当ブログには広告を貼らせて頂いておりますが、ここから微々たる収入を得ております。

とはいえ、今のところドメイン代+レンタルサーバー代にもなりませんので、上の3つに比べれば微々たるものです。

 

というわけで、これらを合算して、85,000円ほどになりました。

2か月間サラリーは0ではありますが、この小遣い稼ぎで少しは精神的ダメージは減った感じです(笑)

あと、毎日何もすることがないとネガティブなことばかり考えてしまうので、ちょっとした作業を続けることで余計なことをあまり考えずに済みました。

そういう意味では一石二鳥ですね。

 

ちなみに、給与所得者の場合、年間の各所得額(給与所得・退職所得は除く)が20万円を超えなければ確定申告は必要ないようです

国税庁HPより

 

スポンサーリンク


ブログトップ
障害年金記事まとめ

にほんブログ村


記事が参考になれば、ぜひ1票お願い致します^^;

 - 仕事 , , , , ,