病歴状況申立書 と 病歴・就労状況等申立書の入手と書き方 Part.2

      2016/06/12

前記事の続きです。

障害厚生年金を申請する際に必要になる「病歴・就労状況等申立書」ですが、こちらは前記事にも書かせて頂いたとおり、年金事務所の窓口で入手できるほか、日本年金機構のHPでも入手できます。

日本年金機構の該当ページはこちら

嬉しいことに、「病歴・就労状況等申立書」のみならず、その続紙も、それぞれPDFとエクセルデータでダウンロードできるようになっています

記載要領についても提供されているので、参考にされてみて下さい。

スポンサーリンク

管理人は障害厚生年金の申請でしたので、この「病歴・就労状況等申立書」を作成しました。

そして、嫁さんの時と同じで、続紙含めて4ページにわたって事細かに過去の就労状況や日常生活の状況について書き込みました。

結果としては、障害厚生年金2級の受給が決定しました。
(初回の裁定請求では3級の決定、審査請求で2級に等級変更)

 

とくに障害年金の自己申請で、診断書はともかく、「病歴状況申立書」や「病歴・就労状況等申立書」において、限られた記入欄だけに状況を記入し、その結果、審査時に障害を認める根拠が乏しく、不支給や想定より低い障害等級になってしまって損をされている方が多いのではないでしょうか。

これはとてももったいないことです。

続紙も積極的に使って、より詳細の状況を伝えるようにされたほうが、無用な損をせずに済みます。

スポンサーリンク

また、障害年金の申請時には、例えば過去の休職時にとった診断書や、これまでの職歴・病歴などについてまとめた年表、第三者(例えば会社の同僚や家族)の証言など、裁定請求等をする上で参考になりそうな書類を添付して提出することができます

管理人は、嫁さんの障害年金の裁定請求時に、過去数年間の職歴・病歴などについてまとめた年表をエクセルで作成し、プリントアウトして参考資料として提出しました。

初診日が10年ちかく前にあり、時系列で流れがわかる資料があったほうが、認定医の先生も判断がし易いと思ったからです。

当時管理人が作成した「年表」のエクセルデータも、こちらからダウンロードできるようにしておきますので、もし宜しければ使ってみてください。
ご自身で経歴を整理するためのツールとしても、お役立て頂けるかと思います。

 

別記事にも書きましたが、担当医の先生に障害年金請求用の診断書を書いてもらう際に、ある程度作成した「病歴状況申立書」や「病歴・就労状況等申立書」のコピーを、予め診断書の紙と一緒に担当医に渡しておくのがベターです。

診断書と「病歴状況申立書」などは内容に整合性が必要ですし、診断書の「日常生活能力の判定、程度」欄を検討するうえで重要な参考情報になります。

 

また、「病歴状況申立書」や「病歴・就労状況等申立書」をエクセルで作成してプリントアウトする場合でも、裏面の最下部にある日付・氏名・住所などの欄は、直筆で書かれたうえで押印されるのが良いかと思います。

最後に、診断書もそうですが、「病歴状況申立書」なども、とくに直筆で作成した場合は、提出前にしっかりコピーをとっておきましょう。
のちのち必要になってくることがあるかと思います。

スポンサーリンク


ブログトップ
障害年金記事まとめ

にほんブログ村


記事が参考になれば、ぜひ1票お願い致します^^;

 - 社会保障, 障害年金 , , , , , , , , , , , , , , , , ,