病歴状況申立書 と 病歴・就労状況等申立書の入手と書き方 Part.1

      2016/06/12

障害年金の申請で提出必須の重要書類に、「病歴状況申立書」と「病歴・就労状況等申立書」があります。

障害基礎年金の申請では「病歴状況申立書」、障害厚生年金としての申請では「病歴・就労状況等申立書」が必要です。

 

入手方法ですが、障害基礎年金は管轄が住所地の市区町村役場になりますので、市役所の福祉課などを尋ねれば、診断書といった書類と一緒に「病歴状況申立書」ももらえると思います。

障害厚生年金の場合は、年金事務所(日本全国どこでも可)での手続きとなりますので、年金事務所へ行って、「病歴・就労状況等申立書」を入手されて下さい。
(日本年金機構のHPからも入手可能 こちらの記事に詳細あり)

スポンサーリンク

この「病歴状況申立書」と「病歴・就労状況等申立書」ですが、年金機構などで障害年金の審査をする上で、診断書に次いで重要な書類と言われます。

診断書の内容と整合性がある前提で、日常生活の状況などを当事者として詳細に書き伝えることで、普段の生活でどれだけの障害(障りやハンデ、困難な点)があるかを認定医らが判断するうえで大変参考になるからです。

診断書の作成医は、普段ずっと患者の生活を見ているわけではないので、自ずとこれらの書類が重要な役割を果たします。

スポンサーリンク

「病歴状況申立書」などは、裏表印刷の1枚のA3の紙ですが、病歴や日常生活について書く欄が正直少なく、書ききれないことが多々有ります。管理人の場合もそうでした。

そこで管理人は、嫁さんの「病歴状況申立書」も、自身の「病歴・就労状況等申立書」も、エクセルデータで作成し、続紙を使って4ページにわたって詳細に書きました。

例えば、嫁さんの「病歴状況申立書」はこんな感じです↓
(解像度を下げてモザイクを一部かけています)

IMG_0868

3・4枚めは続紙で、ここに詳細の状況をびっちりと書き込みました。

結果としては、遡及含めて障害基礎年金1級が認められましたが、「病歴状況申立書」でこれだけの内容を訴えたのは大きかったと思います

障害基礎年金申請時の「病歴状況申立書」については、私が自己申請する際に作成したエクセルデータがあります。

こちらからダウンロード可能です。

注意:

  • 当フォーマットは、2013年に作成したもので、その時点では使えましたが、それ以降は使用可能かどうか分かりません。
    実際に市区町村役場の窓口で紙のフォーマットを受け取り、内容が同じか予めご確認下さい。
  • エクセルの表をプリントアウトした「病歴状況申立書」が提出書類として認められるかについても念のためご確認下さい。
  • こちらのエクセルデータには、「表」「裏」「別表」の3つのワークシートがあります。
    「別表」は、「表」の記入欄で足りない場合に、続紙としてお使いください。
  • 当フォーマットを使用しての障害年金の申請等手続きにおいて発生した如何なる損害についても、当方は責任を負いかねます。

さて、長くなりそうなので、「病歴・就労状況等申立書」についてはこちらの別記事に書きたいと思います。

 

スポンサーリンク


ブログトップ
障害年金記事まとめ

にほんブログ村


記事が参考になれば、ぜひ1票お願い致します^^;

 - 社会保障, 障害年金 , , , , , , , , , , , , , , , , ,